読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本比較文学会東北支部のページ

日本比較文学会の東北支部活動について情報発信して参ります。

[研究発表]要旨②

司馬遼太郎スタインベック
                            金 子 淳(山形大学


 司馬遼太郎のエッセイに『アメリカ素描』がある。アメリカを訪れた際に、様々な印象を、スケッチ風に綴ったエッセイである。読んでいくと、あることに気づく。スタインベックがあちこちに出てくるのである。一例を挙げると、カリフォルニアを訪れた際、スタインベックの代表作、『怒りのぶどう』を引き合いに出し、アメリカやアメリカ文学について、その印象を綴っている件がある。
 これらは、何か意味があるのだろうか。この点について、これまで言及したものがないわけではなかったが、学術的な意味で論じられたものはほとんどなかったように思われる。ここでは、司馬遼太郎スタインベックについて、日米の比較文学比較文化の観点から、考えを深めてみたい。具体的には、『アメリカ素描』で描かれている、司馬遼太郎スタインベック文学の理解は、どのようなものなのか、そして、スタインベックの作品のどのような点が、特に、司馬の思考に影響を及ぼしているのか、考えてみたい。