日本比較文学会東北支部のページ

日本比較文学会の東北支部活動について情報発信して参ります。

[書籍紹介]「種蒔く人」顕彰会編『『種蒔く人』の射程 ――一〇〇年の時空を超えて――』

 「種蒔く人」顕彰会編集による雑誌『種蒔く人』創刊100周年記念の書籍『『種蒔く人』の射程 ――一〇〇年の時空を超えて――』(秋田魁新報社、2022年3月30日)がこのたび刊行されました。

 

 「種蒔く人」顕彰会副会長である高橋秀晴氏(東北支部会員)が編集を担当し、ゆかりの地である秋田において、創刊100年後に『種蒔く人』および運動の意義や歴史の再評価を行った一冊です。

 

 2000年代に入り、相次いで関係者から資料の寄贈・寄託がなされ、秋田市土崎図書館に「種蒔く人資料室」(のち2006年にあきた文学資料館として開館)が設置され、ますますこの雑誌や運動についての研究が進展しているさなか、長年顕彰会として携わってきた専門の研究者から新進気鋭の若手研究者まで幅広い執筆陣を配置し、多様な分野からの多角的な視点での論文が収録されています。

 

 本書において多角的な検討の視座が用意されている点として、具体的には、日本社会文学会および日本比較文学会東北支部といった研究アプローチの異なる分野とのタイアップが挙げられます。(ちなみに日本社会文学会と共同で企画された「「種蒔く人」創刊100周年の集い」は新型感染症の影響もあり2022年10月に延期)

 

 本書中の北条常久氏、杉淵洋一氏、中村能盛氏、阿部邦子氏の4つの章は、2021年11月13日にあきたカレッジプラザで行われた2021年度東北大会のシンポジウム「『種蒔く人』とフランス・ドイツ・ロシア ―創刊100年後の検証―」でのご発表をもとに執筆されたご論考です。

 ハイブリッド形式での開催ながら活発な意見交換がなされた昨年度秋田大会を想起させるものとなっています。

 

 あわせて、巻末に配された関係目録、事項・人名索引(こちらも天雲氏・高橋氏による労作となっています)も、『種蒔く人』を研究する際に必要不可欠な情報となっていることを追記してご紹介しておきたいと思います。

 

 

◆◇◆目 次◇◆◇

 

   序                     北条常久

『種蒔く人』の誕生と展開            北条常久

『異国の戦争』における世界史認識 

  ―小牧近江の言葉による連帯の実践―     小森陽一

ドイツから見た『種蒔く人』 ―ある私的回想―  ウォルフガング・シャモニ

韓国における『種蒔く人』考察          李 集京

ロシア飢饉救済運動をよびかけた『種蒔く人』   長塚英雄

文芸雑誌としての『種蒔く人』 

 ―労働文学とプロレタリア文学の狭間で―    大和田茂

「思想集団」としての種蒔き社          水谷 悟

『種蒔く人』と部落解放運動           北条常久

関東大震災と『種蒔く人』            竹内栄美子

『種蒔く人』と表現座              村田裕和

一〇〇年前に蒔かれた種

 ―小牧近江の留学体験と日本プロレタリア文学運動の源流― 島村輝

『種蒔く人』の精神を受け継ぐもの

 ―一九五七年夏、小牧近江と椎名其二の再会を足がかりに  杉淵洋一

小牧近江と西洋文学               中村能盛

小牧近江著藤田嗣治挿絵装飾 フランス語詩集『詩数篇』を巡って 阿部邦子

再考『種蒔く人』の頃の金子洋文         須田久美

今野賢三の出立                 高橋秀晴

畠山松治郎と小牧谷友治

 ―地方における社会運動の実践―        天雲成津子

沸騰し爆発するシンボルマーク

 ―『種蒔く人』の柳瀬正夢装幀絵図を読む―   甲斐繁人

 

『種蒔く人』関係文献目録            天雲成津子

あとがき                    高橋秀晴

執筆者紹介

事項索引

人名索引     

 

 

honto.jp

 

関連記事

本学教員らが編纂した『種蒔く人』論文集が完成しました - 秋田県立大学

 

 

 

第24回比較文学研究会(7月23日)のオンライン参加用登録フォームのご案内

[オンライン参加のご登録ついて]

 今回の研究会は、オンライン会議用ソフト「Zoom」を使用してのハイブリッド開催となります。

 オンラインで参加を希望される方は、下記QRコードより参加登録をお願いします。参加URLや資料については、研究会の前日までにメールにてお知らせ致します。

 

参加登録QRコード

 

[要旨②]研究発表

・江口真規(筑波大学

「希望の牧場」の牛飼いをめぐる物語:学生闘争から反原発運動へ

 

 東日本大震災に関する文学作品や映画において、被災地の現実を語る視点として動物が多く登場する点については、これまでの先行研究でも指摘されてきた。その中でも繰り返し言及されるのが、福島第一原子力発電所事故の警戒区域にあった「希望の牧場」の牛とその牛飼いの物語である。例えば、田口ランディの「ゾーンにて」(2011)や、木村友佑の「聖地Cs」(2014)では、東京在住の主人公が牧場を訪問する。これらの作品では、飢餓で死んでゆく牛の様子と、牛たちを殺処分せずに生かすという畜産農家の葛藤が描かれる。

 「希望の牧場」の牧場主である吉沢正巳は、震災発生後の早い時期に東京電力本社で抗議活動を行った人物であり、牧場は反原発運動を象徴する場としても機能している。牧場の入口に設置された看板や街宣車の様子から示されるように、吉沢は1970年代に東京農業大学で学生闘争を率いた経験があった。本発表では、「希望の牧場」を舞台とする作品を通して、学生闘争と反原発運動が、動物のいのちを守ろうとする牛飼いの姿によってどのように結び付けられているのかを考察する。

 

※本発表は、第23回ICLAの下記グループセッションにて発表予定の内容の一部である。

Group Session 005: The Political Aesthetics of Agricultural Protest in the 21st Century

Maki Eguchi, “The Story of a Cowherd at Ranch of Hope: From Student Activism to the Anti-Nuclear Protest in Fukushima”

 

[要旨①]研究発表

・廣瀬航也(福島工業高等専門学校東北大学大学院)
永井荷風「監獄署の裏」の空間 ——ボードレール「秋の歌」の引用に着目して——

 

 永井荷風「監獄署の裏」は、1909年3月に雑誌『早稲田文学』に発表され、後に単行本『歓楽』(易風社、1909年9月)に収録された、作家の帰朝後の短篇である。「監獄署の裏」はこれまで、作家の文明批評的な態度と関連づけながら論じられてきたが、近年では「監獄」「獄中」イメージに着目した論も展開されている。これらを踏まえ本発表では、ボードレール「秋の歌」の引用に着目する。ボードレール「秋の歌」は、『珊瑚集』(籾山書店、1913年4月)にも収録された、作家のボードレール受容を明らかにする上で重要な詩篇であり、「監獄署の裏」における空間の構成にも影響を与えている。それにもかかわらず、その引用の問題はこれまで十分に検討されていない。本発表では、「秋の歌」の引用を起点として「監獄署の裏」における空間の問題を検討し、同時代的な文脈の中にこれを位置付ける。それにより、「監獄署の裏」が日露戦後に蔓延した「閉塞」的な空気を共有すると同時に、流動的かつ複層的な空間を構成し得ていることを明らかにする。

日本比較文学会東北支部 第24回比較文学研究会(対面・オンライン形式併用)のお知らせ

今回の比較文学研究会を以下のように対面・オンライン(Zoom)で開催致します。
会員のみなさまはもちろん、会員外の一般の方々のご参加もお待ち申し上げております。

               記 

 

日  時:    2022年7月23日(土) 15:00〜16:15

場  所: 東北大学 文学研究科棟 3階 視聴覚教室 

アクセス | 東北大学 大学院文学研究科・文学部

 

[開 会 の 辞]15:00~ 東北支部長 加藤健司

 

[研究発表]15:05〜16:15

 

・廣瀬航也氏(福島工業高等専門学校東北大学大学院)  

  永井荷風「監獄署の裏」の空間——ボードレール「秋の歌」の引用に着目して——

 

・江口真規(筑波大学

  「希望の牧場」の牛飼いをめぐる物語:学生闘争から反原発運動へ


[参加について]
 今回の研究会は、オンライン会議用ソフトZoomを使用しての開催となります。参加を希望される方は、別記事「オンライン参加用登録フォーム」より申し込みをお願いいたします。参加URLや資料については、研究会の前日までにお知らせいたします。

第24回比較文学研究会発表者募集のお知らせ

 第24回比較文学研究会を2022年7月23日(土)午後、仙台市にて開催いたします。

つきましては研究発表の募集を行いますので、題目(仮題でも可)と要旨(400字)を添えて下記事務局までお申し込みください。

 なお、4月より事務局が仁平政人研究室から塩谷昌弘研究室宛に変更となりましたので、お間違いないようお願い申し上げます。

 

発表申し込み締め切り  2022年6月17日(金)

発表申し込み先     〒020−0694 岩手県滝沢市砂込808 

                                              盛岡大学文学部 塩谷昌弘研究室内 

               日本比較文学会東北支部事務局

            shioya-m[a]morioka-u.ac.jp          

                                                *[a]を@に変換してお送りください

 

※発表をお申し込みの方のうち、常勤の職でない方には、支部としまして交通費の補助をいたしますので、お含みおきください。
※発表の申し込みをされた方には、事務局より確認のお返事をいたします。返答がないようでしたら再度メールの送付をお願いします。

【3/27第6回比較文学研究会】資料入手方法につきまして(参加者の方へのご案内)

研究会にオンラインにてご参加の皆さまに、資料の入手方法についてのご案内です。

Googleフォームから参加を申し込まれた方には、Zoomミーティングの接続先URL・接続パスワード・資料ダウンロード用Dropboxのパスワードの3点をメールにてお送りしております。ご確認願います。

 

自由発表・特集発表の資料につきましては、以下のサイトにアクセスして、資料をダウンロードしてください。

Dropbox - Password Required

 

*なお、特集企画のソロモン・ジョシュア・リー氏は当日スライドでのご発表となりますゆえ、こちらに資料の掲載ありません。

*26日16:00に発表者の資料が全て揃いました。それ以前にダウンロード方は、再度ご確認をお願いいたします。

*溝渕氏のスライド資料を差し替えました。昨日ダウンロードされた方は、改めて【修正版】を入手してください。

 

メールが届いていない・資料が開けないなど何か不都合がありましたら、事務局まで個別にご連絡願います。

当日会場に来場の方には、印刷した資料を配布いたします。数に限りがありますので、当日お越しいただく方がいらっしゃいましたら、右上事務局までご一報いただけますと幸いです。

 

参加申し込みにつきましても、前日まで受け付けておりますので、ご興味ある方は今からでもお申し込みください。

宜しくお願い申し上げます。