日本比較文学会東北支部のページ

日本比較文学会の東北支部活動について情報発信して参ります。

[特集 シンポジウム]言語の選択と文学の流通

講演 澤 正宏氏(福島大学名誉教授)

講演 秋草 俊一郎氏(日本大学

報告 高橋 由貴(福島大学

司会 佐野 正人(東北大学

 

 2000年代より英語圏を中心に、文学の生成・流通を世界的な視座の下で捉える「世界文学」という概念が定着しつつある。国家や民族という狭い仕組みに縛りつけられていた作品が、世界というフィールドに流通することで、新たな読者を獲得したり、従来とは異なる解釈へ開かれたりする。生来に獲得される母語以外の外国語で創作する行為や作品に対する評価も、劇的に変化しつつある。こうした「世界文学」論の隆盛を受け、今回の特集では、文学が世界規模で流通する際に問われる言語の選択という事態について考えたい。

 進行は、まず澤正宏氏に「西脇順三郎モダニズム」と題した講演をいただく。西脇はオックスフォード大学留学中に英詩集『Spectrum』(大正14年)を刊行する。この時、ラテン語で詩を書くという試みもなされている。日本を遠く離れ、日本語ではなく外国語で詩作をスタートさせた西脇の文学的営為について、モダニズムとの接触を中心にお話を伺う。

 続いて、秋草俊一郎氏に「ソヴィエトと「世界文学」―翻訳と民族語創作の奨励をめぐって」と題してお話しいただく。ポストコロニアルな状況において、英語による一元的な支配ではなく、民族語による多様な創作を奨励すべき、そして翻訳を活発にすべきという議論がなされることがある。20世紀において、実際にそれを政策として実行した国家が、ソヴィエト社会主義共和国連邦である。今回の講演では、ソヴィエトが革命50周年を記念して出版した『世界文学叢書』全200巻を例にとりあげて、その内実をご紹介いただく予定である。

 最後に支部会員より高橋由貴が、「畠山千代子の英語詩創作のプロセス」として報告を行う。宮城女学校時代、宣教師の指導の下で英語詩を作っていた畠山千代子という女性について紹介し、またウィリアム・エンプソンによる彼女の英語詩添削のコメントを検討しながら、〈日本人に英語詩が書けるのか〉という問題について提起したい。

[発表要旨]

夏目漱石テオフィル・ゴーティエ受容 ―ラフカディオ・ハーンを媒介項として―

 中島 淑恵(富山大学

 

 漱石文庫には、ゴーティエの作品の英訳が3種類収蔵されている。このうち1冊は、ハーン訳による「死霊の恋」、「ミイラの足」「カンダレウス王」が収められた1908年出版の『世界物語作家叢書』である。これらの作品は、もとは1882年にハーンが自費出版した『クレオパトラの一夜およびその他幻想物語集』に収められていたものであるが、いずれの作品も、訳出にあたってハーンが参照したと思われるゴーティエの原作にはさまざまな書き込みがあり、ハーンの初期作品に深い影響を与えたのではないかと考えられている。

 漱石におけるハーンの影響については、テーマ上の共通性が指摘されることはあっても、それが実証されることは従来あまりなかったように思われる。本発表では、これらの物語について、ゴーティエの原文とハーンの英訳、さらに漱石の書き入れ等を比較検討しながら、とりわけ「墓」「死美人」といった問題系について、その影響関係を推論するものである。

日本比較文学会2019年度東北大会のご案内

本年度東北大会のご案内です。

日本比較文学会2019年度東北大会を下記の要領で開催致します。

皆様ふるってご参加ください。(一般来聴歓迎)

 

          記

 

・日時 2019年11月16日(土)13:30~

・場所 福島大学 M棟3階 AV教室

    交通アクセス|福島大学

      キャンパスマップ|福島大学

 

 

[開会の辞]13:30~ 森田 直子(東北支部長)

[研究発表]13:35〜14:15

 

(司会) 江島 宏隆

 

夏目漱石テオフィル・ゴーティエ受容 ―ラフカディオ・ハーンを媒介項として―

中島 淑恵(富山大学

 

 

[特集 シンポジウム]14:25〜16:55

言語の選択と文学の流通

 

(司会) 佐野 正人

 

〇講演1 西脇順三郎モダニズム  

澤 正宏(福島大学名誉教授)

 

〇講演2 ソヴィエトと「世界文学」―翻訳と民族語創作の奨励をめぐって

秋草 俊一郎(日本大学

 

〇報告 畠山千代子の英語詩創作のプロセス

高橋 由貴

 

[総 会] 17:00〜17:30

 

[懇親会] 福島駅前  

 

懇親会にご出席を希望される方は、準備の都合がございますので、11月8日(金)までに事務局・仁平までお知らせください。
*大学へお車でお越しになる方は、駐車場無料化措置の都合がありますので、事前にご連絡ください。

日本比較文学会2019年度東北大会 発表者募集のお知らせ

日本比較文学会2019年度東北大会を11月16日(土)午後、福島大学M棟3階AV教室において開催いたします。
つきましては研究発表の募集を行いますので、題目(仮題でも可)と要旨(400字程度)を添えて、下記の支部事務局までお申し込み下さい。
奮ってご応募下さいますよう、お願い申し上げます。
 
1.発表申し込み締切 2019年10月7日(月)
2.発表申し込み先 日本比較文学会東北支部事務局(プロフィール欄参照)

*なお、発表者で常勤でない方には、支部としまして交通費の補助をさせていただく予定です。お含み置き下さい。
*発表の申し込みをいただいた方には確認のメール(または郵便)をお送りします。

[研究発表]要旨②

アメリカ」を書き直す  ―一九三〇年前後の川端康成・再考―

                       仁平 政人(東北大学

 

 川端康成が文壇に登場した一九二〇年代中盤から三〇年頃にかけては、「アメリカニズム」が多様な含意を帯びつつ社会的・文化的に大きなトピックとなった時代であった。そうした状況の中で、初期の川端もまた、「アメリカ」および「アメリカニズム」の問題に対し両義的な態度を持ちつつ深い関心を示し続けていたと言える。だが、こうした川端の「アメリカ」・「アメリカニズム」をめぐる言説が、同時代においていかなる位相にあり、またそれが何を生み出したのか、本格的な追究は未だに乏しい。

本発表では、一九三〇年前後の川端における「アメリカ」・「アメリカニズム」言説の変容に注目し、特に従来取り上げられることのなかった短編「風鈴キングのアメリカ話」(一九三〇年)について、日系アメリカ移民のテクストなどの引用の問題を視野に入れて考察を試みる。それは一連の「浅草もの」を含む、当時の川端の試みを捉え直す端緒ともなるはずである。